ファスティングが「効く」理由

ファスティング期間中は、身体がブドウ糖の供給不足を感知すると
体内に蓄えられた脂肪を分解してケトン体を作り、これを利用しようとします。

このケトン体が作りだされると、脳内でのα波の発生量が増えて神経細胞が活性化します。

その結果、五感が研ぎ澄まされ、集中力や判断力を発輝する「脳力」のおかげで、
アスリートはパフォーマンスアップ、受験生は学力アップ、日本で1番死亡原因が高い
生活習慣病、(がん、心筋梗塞、脳卒中)の改善にもつながります。

さらに、ファスティングをやり遂げたという経験値は、これからのあなたの人生を
大きく輝かせることになるでしょう。

※ケトン体とは

Copyright© 大阪ファスティングダイエット協会 All Rights Reserved.